新卒の就職活動でも転職における就職活動でもどうしてもできるだけ希望に近い職場やよい労働条件を求めてかなり期待して活動を行うと思います。しかし、両方を経験して私が感じることは期待しすぎても結果が努力と比例するようには伴わないということです。

 

受験や資格取得などは比較的、努力すればそのぶん結果となって実ことも多いですが、就職活動は運やタイミング、採用側の考え方というものもあるので必ずしも自分が企業に沿うように努力しても結果に結び付かないこともあるということです。

 

新卒でも優秀な人が早く多く内定をもらえるというのはそういう傾向にあるかもしれませんが、実際のポテンシャルなどは数回の面接やSPIだけではほんの一部しかわかりません。転職においても、求人はスキルは高いレベルを求めて募集しておきながら、どちらかというと最終的には使いやすそうな人で選んでいるということも多くあるように感じます。

 

一つ決まらなくても次にすぐ、切り替えるぐらいの心構えのほうが意外に採用につながるように思います。私自身、これまで職が決まったパターンは期待しすぎないで受けたところばかりでかなり気合を入れて準備をしたところは、うまくいかなかったということが多かったです。